2015年11月10日

【イベント】「ミニ四駆オータムトライアル2015」結果発表!

11/7(土)、11/8(日)に開催された「ミニ四駆オータムトライアル2015」の結果をお伝えします!

———-
まず11/7(土)に開催されたジュニアクラスではナカユウタくんが優勝、チャンピオン決定戦の出場権をゲットしました!
準優勝のカンノシオンくんも同じく出場権をゲットです。

IMG_3813

ユウタくんはミニ四駆クラブ杯でも優勝を何度もしている実力派!
マシンは限定の白MAのバンパーレス+ボディ提灯です。
フロントに比べリアのトレッドとタイヤ位置を外側にすることで飛び出しを安定化させるセッティングです。
基本的に出だしに弱いMAですが、上位8名に残る事を意識し無理な軽量化はされていません。
そして見事8名に残り、決勝トーナメントでは抜群の安定感で見事優勝です!

IMG_3815

シオンくんのマシンはMSシャーシ、フレキシブルの亜種であるアクアです。
アクアはフロントバンパーをギリギリまで詰めてリヤを延長、逆可動のボディ提灯を搭載しているのが特徴です。
この特徴的な見た目のアクアやホエイルといった改造は一部で流行っているようですね。
これらの改造の特徴はコーナーリングの速さと着地の衝撃のキャパシティの大きさで、実際にかなりの速度で周回をしていました。
最後は惜しくも敗れてしまいましたが、見事準優勝です!

2人ともおめでとうございます!

———-
11/8(日)に開催されたオープンクラスは引き続きブロック予選制度を導入しました。
また、今回から各ブロック上位3名が決勝トーナメントに残る方式にし、最終戦まで誰が抜けるかわからない非常にハラハラする展開となりました。
そして48名の参加者の頂点に輝いたのはイガラシシュンスケさんでした!
準優勝はサトウトモユキさんでした!
お二人にはジュニアクラスと同様にチャンピオン決定戦の出場権を進呈いたしました。
おめでとうございます!

IMG_3817

優勝したイガラシさんはジュニアクラスで連覇を果たしたイガラシアヤカちゃんのお父さんです。
親子ともに強豪レーサーという素晴らしい家族ですね。
マシンはバンパーレスVS+ボディ提灯、前後ともにカーボンスラダンと一見オーソドックスに見えますが…
リヤには最近流行となっているリヤ提灯を改良した「タニダV」と仲間内で呼んでいるシステムを搭載しています。
このシステムの狙いは是非ご本人に聞いてみて下さいね!

今回のコースレイアウトではある程度のスピードを維持し、尚且つジャンプを低く抑えるという事が要求されるもので、セッティング出しが非常にシビアでした。
タニダVシステムの狙いやセッティングの調整が見事的中し、イガラシさんは予選9点の全勝、そのまま決勝トーナメントも勝ち抜け、1度も負ける事なく完全優勝達成です!

IMG_3818

準優勝のサトウさんのマシンはバンパーレスMS、フレキシブル+ボディ提灯、リヤ提灯です。
3レーンに適応能力の高いフレキシブル改造を施し、今回の肝である着地を安定させる、はねさせないを達成する為にボディ提灯+リヤ提灯を搭載しています。

リヤ提灯やその亜種は上位陣のマシンにはかなりの割合で搭載されており、ポテンシャルの高さを感じます。
アームの長さや形状、マスダンパーの位置や量など煮詰まっていない箇所がまだ多く、これから研究が進んでいくように思います。

サトウさんは店舗常連の方で、フレキシブルを長い間使い色々なセッティングを試しているところをよく見かけていました。
リヤタイヤの中央の溝や、リジットで組んだ場合にリヤローラーが折れ曲がるのを防ぐカーボンの渡しなど、細かい工夫は実際にいろいろと試した上での結果だと感じます。
こういう細かい点は地味ですが重要ですね!
決勝では速度で勝っていたものの、コースアウトにより準優勝となりました。

お二人ともおめでとうございます!

———-
今回のレイアウトは前回に比べ局所的に非常に難しいレイアウトでした。
やはりその箇所で苦戦する選手が多く、なかなか思うようにいかなかった人も多いのではないでしょうか?
次回以降も一筋縄ではいかないレイアウトになると思いますので、皆さん自分だけのセッティングを見つけて下さいね!

予選結果

ジュニアクラス 予選タイムアタック上位8名(敬称略)
1位 22.43 エンドウコウダイ
2位 23.27 カンノシオン
3位 23.72 フジタトモキ
4位 23.73 エンドウコウジュ
5位 23.80 ナカユウタ
6位 24.49 サガラカイト
7位 25.89 イガラシアヤカ
8位 25.95 ミヤウチケンシロウ

オープンクラス 予選通過者12名(敬称略)
A組1位 イガラシアヤカ 7Pt(3-1-3)
A組2位 アソウトモヒロ 6Pt(0-3-3)
A組3位 サガラヒロフミ 5Pt(2-3-0)
B組1位 サトウトモユキ 6Pt(0-3-3-サドンデス○)
B組2位 ヨシミトシヒロ 6Pt(3-3-0-サドンデス×)
B組3位 コマツカズユキ 4Pt(2-0-2)
C組1位 シラトリカズキ 7Pt(2-3-2)
C組2位 アベヒロト 6Pt(3-0-3-サドンデス○)
C組3位 イワタマサヤ 6Pt(3-3-0-サドンデス×)
D組1位 イガラシシュンスケ 9Pt(3-3-3)
D組2位 カンノヒトミ 7Pt(3-2-2)
D組3位 エンドウミユキ 6Pt(3-0-3-サドンデス○)