スタッフブログスタッフブログ

【車体塗装〜ウェザリング編】偉大なる凡作、シャーマン戦車をつくるよ!(4)

IMG_6697

 

目次

1.車体塗装、決め手は「サビ感を残す」こと!
2.戦車を彩る小道具
3.星の輝くポップなデザイン!
4.ウェザリング「傷の想像」

 

こんにちは!

プラモデル初心者がプロモデラーに教わりながら、
本格的なプラモデル製作に挑戦する企画!
挑戦者の石井七歩が、タミヤプラモデルファクトリートレッサ横浜店からお送りいたします!

今回もプロモデラーの
長谷川マスターこと、長谷川伸二さんにご指導いただきます!

長谷川伸二マスターは、
タミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店内にあるアトリエゾーンにて、
さまざまな講座を開催されています。→各種講座
プラモデル製作に行き詰っているそこのアナタは、
タミヤプラモデルファクトリートレッサ横浜店のアトリエゾーンで、
どんどん長谷川マスターに相談しましょう!

さて、
基礎知識編では戦車誕生のエピソードについて触れましたが……、
【基礎知識編】偉大なる凡作、シャーマン戦車をつくるよ!
読んでいない方のために、戦車誕生のエピソードを超要約して復習しましょう!

 

【ざっと復習】

第一次世界大戦の西部戦線では、
地面に掘った深い穴に潜んで攻撃しあう「塹壕戦」が繰り広げられた。
穴から出たら銃撃されてしまうので、両軍の兵士たちは塹壕から動けず、
戦場は変化の乏しい持久戦の癒着状態になってしまった。

そもそもどうして癒着状態になったのかというと、
銃が進化し、兵士たちが銃を標準装備したことにより、
馬に乗った「騎兵」が無力となり、前線を突破できる「機動力」が失われたから。

……ということで、
この機動力を取り戻すために誕生したのが「戦車」なのである!

British_Mark_I_male_tank_Somme_25_September_1916

(出典 : Wikipedia マークⅠ戦車より引用)

戦車は第一次世界大戦で誕生。
イギリス軍が開発した「マークⅠ」ですね。

このマークⅠは戦果こそ残せませんでしたが、
マークⅠが軍事に与えた衝撃は大きく、各国が競って戦車を開発してゆき、
あらゆる戦車が誕生することになります。

今回製作するシャーマン戦車は「M4中戦車」といって、
第二次世界大戦で広く活躍した戦車ですね。
詳しくはこちらの記事 【基礎知識編】偉大なる凡作、シャーマン戦車をつくるよ! でまとめていますよ!

 

さて、
前回は 【ミニチュア兵士編】偉大なる凡作、シャーマン戦車をつくるよ!(3) ということで、
兵士を組み立て、サーフェイサーを吹き、シャーマン戦車本体のサーフェイサー吹きまでを完了させました。

IMG_8146

「オキサイドレッド」というカラーのサーフェイサーですね!

IMG_8312

兵士はこんな感じで、
ダンボールを横にして並べた台に、竹串で刺して保管してあります。

さすが長谷川マスター…。経験がもたらす知恵ですね。
それではさっそく作業にとりかかりましょう!

 

1.車体塗装、決め手は「サビ感」を残すこと!

IMG_8325

前回、
実際の戦車の下地として使われている「サビ止め」の色を再現した、
えも言えぬ綺麗な赤茶色のサーフェイサーを吹きました。
「オキサイドレッド」です。

オキサイドレッドのサーフェイサーの上に、
今度はシャーマン戦車の色である「オリーブドラブ」を塗装してゆきます。

IMG_6691

はじめて聞く名前の色だ……。

そうそう、
長谷川マスターはエアブラシ用に塗料を希釈する際、
100円ショップの容器に薄め液を入れて愛用されてますよ。
こういうの。

IMG_8329

さて。

今までどおり対象から15cm~20cm離して、
エアブラシで塗装していきます。
すこしずつ、しゅっしゅっしゅっと吹きつけるイメージで。

エアブラシの扱い方に関しては、
こちらの記事「【はじめての塗装編】初心者だけどプラモデルづくりに挑戦するよ!ーその3」に詳しく書いています!

IMG_6692

マスクをして、説明書をチェック。
さっそく塗装開始です!

IMG_8333

IMG_8338

IMG_8341

様々な方向から、
すこーーーーしずつ、オリーブドラブを吹き付けていきます。

一気に塗ってしまおうとすると吹きすぎてムラになったり、
厚塗りすぎてせっかくのディテールが消えてしまったりするので、
何度かにわけて色づきを完成させてゆきます。

IMG_8346

IMG_8352

IMG_8356

砲台の塗装、1回目の状態!
乾いたらまた2回目を塗っていきます。

次はシャーマン戦車の上側を塗装してゆきます!

IMG_8359

IMG_8361

IMG_8363

IMG_8369

上側も、1回目はこれで終わり。

すこしずつ塗ってゆくのがとても大切!
焦らず、何回かに分けましょう。

次はシャーマン戦車、車体下部。

IMG_8375

IMG_8377

IMG_8380

IMG_8384

IMG_8388

IMG_8394

IMG_8405

塗装1回目はこんなかんじ!

オキサイドレッドが透けて見えます。

これからさらにオリーブドラブの重厚感を見せていくために、
うすくうすく、重ね塗りしてゆきます。

IMG_8409

IMG_8411

あせらず、何回も重ねていきます。
再三書きますが、少しずつ、少しずつ、
すこーーしずつ吹き重ねるのが重要なポイント!

IMG_8430

転輪の部分はかなり吹き付けにくいです。
持つ角度を変えて塗装してゆきます。

IMG_8435

IMG_8440

IMG_8444

転輪を塗装するために、
様々な持ち方を試して四苦八苦しました…。

IMG_8452

どうでしょう!!

試行錯誤の甲斐あって、
転輪部分もけっこう綺麗に塗装できたと思います。

IMG_8464

全体ではこんな感じ!

どうでしょう!
オキサイドレットの下地のおかげで、
ほんのりと「サビている感じ」が残ることによって、
金属感が演出されています!
オリーブドラブに暖色の雰囲気が足されて、いい味が出ていますね。

IMG_8466

かっこいい!!!
ぐっと戦車っぽくなりました!!!

 

2.戦車を彩る小道具

それからですね、
実際に運用される戦車は、色々な小道具が積まれているので、
そういった小道具もついでに塗装してしまいましょう!

IMG_7235

パッケージイラストのシャーマン戦車にも、
車体後部にはドラム缶らしきものが…、
車体前部には車輪のようなものが積まれていますね!

IMG_8455

弾薬を入れる箱や、予備の履帯、
兵士のヘルメットなど…。
ちいさくてかわいいです。

たとえば、このちいさな箱は弾薬箱なのですが、
シャーマン戦車の戦車砲の弾薬箱と、
ティーガー戦車の戦車砲の弾薬箱では、箱のデザインも違います。
これはシャーマン戦車のための弾薬箱なのです!

細かいところまで、実物を模しているのには感激しますね…..。

 

さて。
こんな小さい部品、塗装しにくいだろうなぁと思っていたところ、
長谷川マスターがこんな工夫を教えてくださいました。

IMG_8462

スチレンボードに輪っか状にしたテープを貼って、
ぺたぺたと小道具を貼り付けていきます。

IMG_8468

じゃじゃーん。
これで一気に塗装することができますね。

IMG_8476

IMG_8605

シャーマン戦車本体の際と同じく、
オキサイドレッドのサーフェイサーを吹き付けてから塗装してゆきます。

キャタピラも塗装しましょう。

キャタピラを竹串で固定して、
逆ピンセットで持ち手をつくります。

よくできていますね…。
長谷川マスターからは、ありとあらゆる工夫が出てきます。
さすがプロだなあ。

IMG_8478

最初はプラスチックっぽいブラック。

IMG_8484

IMG_8487

オキサイドレッドのサビ感を吹き付けて……、

IMG_8522

その上からちょっとメタリックなブラックを塗装!

IMG_8528

おお……、
鉄の重厚感のある色味になりました。

小道具の積荷の登場は、
まだまだ先になりそうです。

 

3.星の輝くポップなデザイン!

それではつぎに、
デカールシールを貼っていきますよ!

デカールは、ウェザリングで汚れた雰囲気を出す作業の前に貼ります。
なぜかというと、
車体が汚れているのに、マークが汚れていないのはおかしいから!

必要なデカールを、どんどん貼っていきましょう……とその前に!
シャーマン戦車は、
もちろん時期や場所によってマークの塗装が変わってくるので、
どんな塗装を施すかを事前に決めましょう。

IMG_6690 (1)

説明書には3種類の塗装パターンが載っています。

どの塗装にするかで、どこの戦線で戦ったシャーマンなのかが決まるので、
ジオラマなどの雰囲気を左右する大事な決断です……!

IMG_6693

私はですね、

ブラッドピッド主演の戦車映画「フューリー」を鑑賞したばかりだったので、
映画フューリーと同じ、ヨーロッパ戦線のシャーマン戦車の塗装を選びました!

 

この映画はですね、
長谷川マスターにオススメしていただいて観たのですが、
とにかくシャーマン戦車と戦車長のブラッドピッドがカッコよすぎる映画です。
世界で唯一、現役で動くティーガー戦車が登場するのも見どころですね!

彼ら戦車乗りが着ている「タンカージャケット」
これがカッコよくて、思わず上野のアメ横まで買いに行ってしまいました!

 

それではさっそく、
説明書の指示するデカールを切り抜き、貼っていきます!

IMG_8493

IMG_8495

IMG_8505

必要なデカールを切り抜いたら、
水に30秒くらいつけて、外に出して置いておきます。

水につけっぱなしでデカールが浮いてくるまで待つ!
という方もいらっしゃるようですが、
糊の成分までもが流れて溶けてしまうそうなので、
長谷川マスター的にはあまりおすすめしていないそうです。

IMG_8508

デカールの位置を固定したときに、
水分をふき取るための綿棒を用意しておきましょう!

IMG_8515

それからこちらは、
デカールと戦車本体をよりちゃんと接着させるための糊です。
デカールを貼る大体の位置を決めたら、ちょみっとこの接着剤をつけて…、

IMG_8517

IMG_8520

IMG_8523

デカールを置きます。

この状態だと水分によってぬるぬると動いてしまうので、
水分を拭き取って固定しましょう!

IMG_8527

IMG_8531

完璧!

この調子でどんどん貼っていきます。
デカールが大きいのでかなり貼りやすいです。

飛行機や戦闘機のプラモデルは、
めちゃくちゃ小さなデカールがいーっぱいあるので、大変だそうですよ。

IMG_8534

IMG_8540

小さいデカールもお忘れなく!

IMG_8544

IMG_8570

できました!!

アメリカを主張する大きな星型がかわいいです。
ポップでシンプルな「50」のタイポグラフィもかわいい…。

IMG_6694

デカールまで、完成!

 

4.ウェザリング「傷の想像」

さて。
やはり戦車模型をつくるのであれば「ヨゴレ感」に憧れますよね!

がたがたゴトゴト、
鉄のキャタピラを軋ませて、道無き道をつき進む。

さまざまな障害にぶつかるでしょう。
避けれぬ衝突も多いでしょう。
そんな、ガンガンぶつかって傷ついた戦車を、どうにか模型で再現したい!!

IMG_8578

…ということで、

まず用意するのはタミヤカラーの「ミディアムグレイ」

IMG_8583

そして、
先っちょをバッサリ切り落とされた平筆!!!
このガサガサ加減が使いやすいのです。

それではさっそく、
筆を使って「ぶつかってできた傷」を描いていきましょう!

IMG_8585

IMG_8587

IMG_8591

エッジの部分を際立たせると、
金属感が出てきます。

IMG_8593

デカールの上から汚したり…。

IMG_8595

排気口も際立たせると面白いです。

さて、
これらのウェザリングのコツは、
絶対に塗料をつけすぎないこと!!

IMG_8598

ちょんちょんと筆に塗料をつけたら…、

IMG_8600

これでもかというほど、
ティッシュでオフします。
べったりつきすぎると「傷感」が無くなってしまうので、
ほんのすこしだけ筆に塗料がついている状態がベストなのです。

IMG_8602

IMG_8610

砲台のエッジも汚していきます。
戦車に乗り降りする際に踏みつけるので、
実際に塗料がはがれやすい部分だそうですよ。

IMG_8612

IMG_8614

IMG_8617

転輪のエッジも。

この作業、かなり楽しいです!
どこがどんな風にぶつかって削れるのか、
想像しながらウェザリングしていくので、
色々と妄想が広がりますね!

 

IMG_8619

できました!!!
かっこいい!!!

IMG_8625

小道具をどんな風に積むか、妄想がはかどります。

IMG_6695

ということで、
シャーマン戦車に傷を負わせるところまで、完了しました!

 

5. 次回予告

 

さて、
これからまだまだウェザリングを施して、
さらにジオラマも製作したいと思っています!

IMG_6696

いつもどおりカッコいい長谷川マスターと、
上野のアメ横で入手した、アメリカ陸軍のタンカージャケットを着る私!

 

タミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店には、
気兼ねなくエアブラシを使える塗装室や、
使い勝手のいいアトリエゾーンが完備されています。

専門的な工具セットのレンタルもありますし、ワークデスクで誰にも邪魔されず、
ショップゾーンで好みのキットを選んですぐに制作に取りかかれます。

さらに長谷川伸二マスターが、
さまざまな講座を開催されていますので…→各種講座

プラモデルにご興味をお持ちの方は、
ぜひタミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店に足をはこんでみてはいかがでしょうか?

 

それではまた次回まで、乞うご期待です!
【基礎知識編】偉大なる凡作、シャーマン戦車をつくるよ!
【キャタピラー編】偉大なる凡作、シャーマン戦車をつくるよ!
【ミニチュア兵士編】偉大なる凡作、シャーマン戦車をつくるよ!

 

ライター : 石井七歩

nahoishii

1991年 東京生まれ。現代美術家。
オフィシャルウェブサイト→ nahoishii.com
フェイスブック→ Facebook
ツイッター→ Twitter