スタッフブログスタッフブログ

【RCカー/トヨタ86】ポリカーボネートボディの完璧な塗装を目指そう(1)【スプレー缶編】

IMG_0835

目次

1.たのしい色選び!
2.ボディの切り出し
3.堅城鉄壁のマスキング
4.アクセントのホワイトライン
5.いよいよボディーのピンクを塗装!
6.次回予告

 

プラモデル初心者がプロモデラーに教わりながら、
本格的なプラモデル製作に挑戦する企画。
今回もタミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店からお送りいたします!

いつもご指導してくださるのは、
プロモデラーの長谷川マスターこと、長谷川伸二さん!

長谷川伸二マスターは、
タミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店内にあるアトリエゾーンにて、
さまざまな講座を開催されています。→各種講座
プラモデル製作に行き詰っているそこのアナタは、
タミヤプラモデルファクトリートレッサ横浜店のアトリエゾーンで、
どんどん長谷川マスターに相談しましょう!

 

さて、
これまではゼロ戦シャーマンなどのミリタリーモノをつくって参りましたが…、
今回はRCカーのポリカーボネートボディに挑戦です!

製作するのは…..じゃじゃん!
トヨタ 86です!!!

top700

【 話題のFRスポーツカーの走りをRCカーで体感 】

FRライトウェイトスポーツカーとして2012年4月に登場、話題を集めているトヨタ86が早くも電動RCカーで登場です。コンパクトに仕上げられた低いフォルムをポリカーボネートで実感たっぷりにモデル化。低いボンネット、滑らかに盛り上がるフロントフェンダー、エッジを立てたリヤフェンダー、後部のディフューザー形状など、トヨタ86の特徴をあますことなく再現。

front

ヘッドライトはステッカーに加えて、ライトケースをポリカーボネートで再現。
表情をいっそう引き締めます。


tail

リヤもポリカーボネート製ライトケースを用意。
内部のブレーキランプやウインカーはステッカーで表現。

rear

バンパー下のディフューザーやマフラーも立体感ある仕上がり。

 

かっこいいですね。キラキラしてますね。
ところで「ポリカーボネート」という言葉、初めて聞いたのでちょっと調べました。

 

ポリカーボネート: polycarbonate)は、熱可塑性プラスチックの一種。

【利点】
透明性・耐衝撃性・耐熱性・難燃性・寸安定性などにおいて、高い物性を示す。
プラスチックの中でも平均して高い物性を示す樹脂であり、かつ透明性をもつために光学用途にも使用でき、その物性に比べて安価であり、航空機・自動車など輸送機器、電気・電子光学・医療機器、防弾ガラスの材料などに広く用いられている。

【欠点】
薬品耐久性はあまりよいとは言えない。
特にアルカリ剤、溶剤では劣化する。接着剤などの使用ができない。
エステル結合を持つため、高温高湿度の環境下では加水分解する。
引張強度を超える力をかけると、白化して透明度が著しく低下する。

 

むずかしげな言葉で書いてありますが、
要するに、
衝撃に強く透明度が高く、熱にも強いし価格も安い。
でも接着剤が使えなくて、高温高湿に弱く、あんまりねじまげると白くなっちゃう、
そんな便利なプラスチック素材のことですね。

 

1.たのしい色選び!

 

IMG_0828

じゃん!
こちらがそのポリカーボネート製のハチロクのボディです。

表面にうすーく保護用のシートが貼ってあるのですが、
これは貼りっぱなしにしたまま作業をすすめます。

まずはポリカーボネート用のスプレー塗料の色を選びましょう!

IMG_1092

長谷川マスターにかわいいピンクをおすすめされている気がする……。

タミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店は、
めちゃめちゃ品揃え豊富なショップゾーンを誇っています。
みなさまもここで誰にも邪魔されずゆっくり悩みましょう…。

IMG_1101

メタリックなブルーもかっこいいなあ。
見本はメタリックなオレンジなんですよね。

IMG_1115

ということで!

ボディはこの…、

■ ITEM 86033  PS33 チェリーレッド

そしてセンターに2本のラインを…、

■ ITEM 86001  PS1 ホワイト

今回はこんな感じの配色にしてみました!
ホントはですね、私が操縦するんだったら、サーキットで周囲を威圧するメタリックなパープルにゴールドのドラゴンを塗装してでギラギラ強そうな感じがいいなぁと思ったのですが、今回は、ちゃーんと可愛く媚びてピンクにしましたよ!
そのほうが記事映えしますからね!わかってますって。

塗料は何種類かあるので、
きちんとポリカーボネート用のものを選ぶようお気をつけくださいね。

IMG_1294

左がFOR POLYCARBONATE
1缶で1/8~1/12サイズのRCカーのボディを塗装できる、ポリカーボネート用のスプレーカラーです。衝撃を受けてもはがれにくく、模型用エンジン燃料に侵されることがないのもポイントです。

右は通常のタミヤカラースプレーですね。
独特のノズル形状により塗装ムラやタレが起きにくい、手ごろなサイズのスプレーカラーです。つやあり・つや消し・半つや消しなど、多彩なカラーが揃っています。

IMG_1298

こちら右はエアーモデルスプレーといって、微妙な色調が多い飛行機モデルの塗装に特化した、ラッカー系のスプレーカラーです。
色調の正確さ以上にスケール感を重視し、塗装した状態で最も実機らしく見えるトーンで調合されている優れものです。

IMG_1297

PS〜はポリカーボネート用
AS〜はエアモデルスプレー

IMG_1295

TS〜はタミヤカラーですね。
同じ白でも色々な白があります。

それではさっそく作業にとりかかりましょう。

 

2.ボディの切り出し

 

IMG_1124

こんな感じになっているポリカーボネートから、
ハチロクのボディを切り出していきましょう。

 

IMG_1129

先っちょが曲がっている、タミヤの「曲線バサミ」が便利です。
ちょっと面倒なRCカーのポリカーボネートボディの切り抜きも手軽にできます。
カーブを持つ刃先は、細かな曲線もスムーズに切れ、根元の部分で直線切りもOK。
プラバンなどプラスチック素材の加工にも使え、RCファン、模型、工作ファンにも欠かせません。
ひとつ持ってると何かと便利かも。

IMG_1131

これ!
切る線を間違えちゃうと取り返しがつかないので気を付けましょう!
プラモデルと違ってやり直しはききません…。

 

タイヤの丸い部分は、
中心に切り込みを入れると切りやすいです。

IMG_1157

こんな感じで少しずつブロックにわけて…。

IMG_1150

IMG_1158

前方も。
意外とこのへんが最も切るの難しいです。慎重に慎重に。

IMG_0829

IMG_1162

さて、
ひととおり切り出したらこちらのヤスリで仕上げていきましょう!
今回はP180番を使用しました。

IMG_1161

IMG_1163

触ってつるつるになってるか確認しながら…。

IMG_1168

オッケーですね。これでボディーの切り出しは完了です。
次の工程は、命のマスキングですよ!

 

3.堅城鉄壁のマスキング

 

RomaCastelSantAngelo-2

Castel_santangelo_Tevere

堅城鉄壁…
それは堅固にできていて、容易に攻め落とすことのできない城の意味。
塗料が変なとこにくっつかないように
堅城鉄壁のマスキングを目指すぞ!

ちなみに画像は私の大好きなサンタンジェロ城です。
ローマにある城塞なのですが、以前行ったことがあって、かっこよかったです….。
ちょうどバチカン市国のサン・ピエトロ寺院の直線上にあるんですよね。

 

さて、話が脱線してしまいましたが、
まずは説明書を見て、
マスキングが必要な部分を確認しましょう。

IMG_1171

IMG_1170

こんな感じで、
マスキングシートが付属しているので、ハサミで切り出します。

IMG_1173

そしてちょうどぴったりのサイズになっているので
これは助かりますね…。

IMG_1174

表から見るとこんな感じ。

IMG_1176

ぺりぺりと剥がして……。

IMG_1180

端から、ずれないように慎重に貼っていきます。

IMG_1182

しっかり押さえます。

特に塗料が入り込みやすいのは外周の隙間からなので、
マスキングの周りはしっかり押さえましょう!

IMG_1184

まずはサイズを確認して…..、

IMG_1186

大きすぎるマスキングは貼るのが困難なので、
真っ二つに切ってしまいましょう。

IMG_1188

外周のしっかり度を優先して貼っていったので、
真ん中に隙間が空きました。

IMG_1190

これは通常のマスキングテープで埋めていきましょう……。

IMG_1192

IMG_0830

デザインカッターで切って、完璧。

IMG_1198

ライトの部分は立体的なマスキングなので難易度ちょっと高め。

IMG_1200

IMG_1203

ふたつ組み合わせて立体的にカバーします。

IMG_1205

いい感じですね。

IMG_1207

IMG_1211

IMG_1213

こちらもふたつ組み合わせてカバー。

全部のマスキングを貼り終えたら、
しっかり全体を確認しておきましょう。

IMG_1214

IMG_1215

IMG_1216

OKです。

 

それではいよいよ
ホワイトの2重ラインの塗装準備にとりかかりましょう!

まずは細めのマスキングテープで中心線のアタリをとります。

IMG_1217

IMG_1219

IMG_1221

ちゃんと中心を通ってますね。

IMG_1223

こちらも中心を通ってます。

ひっくり返して、
いま取った細いマスキングテープのアタリに沿って、
内側からマスキングテープを貼っていきます。

IMG_1225

そしてさらにその外にマスキングテープを貼ることで、
2重ラインの塗り部分をつくれるというわけですね。

IMG_1226

IMG_1227

IMG_1237

こんな感じ!
ボディのちょうど中心に、パーフェクトな2重ラインのマスキングができました。

IMG_1239

そうそう。
もちろん最後に中心線もマスキングすることをお忘れなく…。

IMG_1242

IMG_1244

どうでしょう!
だいたい、だいたい真ん中らへんになってます!

つぎはこのラインを残して、
他の部分を全面的にマスキングしていきますよ。

IMG_1246

勿体ないと言わず、ベッタベタに貼りましょう。

IMG_1247

IMG_0831

IMG_1250

とにかく隙間をつくらないようにすること!

IMG_1288

IMG_1292

今回は使いませんでしたが、
広い面をマスキングするためのシートタイプのグッズもあります!

 

それでは全面貼り終えたところで、
堅城鉄壁のために!ガシガシこすって隙間をなくしていきましょう。
竹串をつかってガシガシいきます。
竹串、何かと便利アイテムとしてよく登場しますね…。

IMG_1301

IMG_1308

こういう隙間から塗料が入りやすいようです。

IMG_1303

マスキング、できました!
ベッタベタです。

IMG_0832

それではこのマスキングを信じて…..、
いよいよスプレー缶での塗装に突入しましょう!

 

4.アクセントのホワイトライン

 

IMG_0833

はい!
こちら、タミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店の塗装ブースです!

IMG_1315

宙に舞う塗料の粒子を吸い込んでくれるこんなマシンが完備されているので便利です!お家で塗装すると予想外の所へ塗料の粒子がふわふわ飛んでいっちゃって大変なので、これを機にアトリエゾーンの活用もご検討してみてくださいね!

IMG_1318

まずは長谷川マスターから、
スプレーの使い方のレクチャー。

IMG_1319

近づけすぎると厚塗りになって美しくないし、垂れてくる。

下のように20cmほど離して、
シューッシューッと一方向に吹き付けるとムラなく綺麗です。

IMG_1321

では!

さっそくポリカーボネート用のタミヤカラーを吹き付けていきましょう!
ホワイトです!

 

 

IMG_0834

IMG_1343

IMG_1349

いっぺんに塗ろうとせず、
何回にも分けて吹きつけます…..。

IMG_1351

IMG_1352

まだまだ薄いですね。

IMG_1353

IMG_1355

ここで一旦、
時間短縮のためにドライヤーで乾かしてからまた塗っていきます。

IMG_1363

IMG_1377

また乾かして……、
また塗ります。

IMG_1379

IMG_1381

あっ、
これ絶対はみでてますね。
堅城鉄壁とか言っていたのにうっかりですね….。

ホワイトの後にピンクを塗ってしまうと、
薄い色であるホワイトに、ピンクが透けてしまいます。
なのでホワイトの上に透明度の低い色を一度吹き付けるのがプロの一手間。
ベストなのはこの、シルバーです!

IMG_1365

IMG_1366

それでは先ほどと同様に、
焦らずゆっくり、吹き付けていきましょう。

IMG_0835

IMG_1385

IMG_1391

IMG_1392

どうなんですかね….。
剝がすまで全然わからないですけど、信じましょう…..。

出来栄えはこんな感じです。

IMG_1393

IMG_1396

IMG_1395

IMG_1394

さあいよいよ、
あれほど手間をかけて全面に貼ったマスキングを剥がします!

IMG_0836

ちなみに、
まだ剥がしちゃいけないマスキングもあることをお忘れなく。
ボディ塗装に必要なマスキングは残したままで、2重ラインのためのマスキングのみを剥がします!

IMG_1400

IMG_1411

こういうとこ、
まだ必要なので気を付けましょう!

IMG_1401

さて、
いよいよライン周りのマスキングを剥がします。

IMG_1416

綺麗に塗れている感じがしますね….。

IMG_1417

エッジを綺麗にするために、
軽い力で、デザインカッターの線を入れておきます。

IMG_1420

IMG_0837

仕上げを左右する一手間です。

それではいよいよ剥がしていきます!

IMG_1427

IMG_1432

綺麗に出来ているっぽい!!!

IMG_1436

IMG_1438

あっ、めっちゃはみ出てますね。

IMG_1444

IMG_1448

めっちゃはみ出てますねw

大丈夫。すぐに修正しましょう。
プレペイントクリーナー(ポリカーボネート用)を使用して、
はみ出た部分を修正していきます。

IMG_1449

IMG_1450

はみ出た部分を、
綿棒に染み込ませたプレペイントクリーナーでこすります。

IMG_1451

IMG_1454

細かいところは竹串などで引っ掻いて落とせます。

IMG_1459

IMG_1462

IMG_1465

少し力を入れてこすれば綺麗に落とせますよ。
理想は塗装後すぐに落としてしまうのがベストですね。

IMG_1466

光に透かしてちゃんと確認していきましょう…..。

IMG_0838

OK!
だいたい完璧です!

 

5.いよいよボディーのピンクを塗装!

 

 

IMG_1474

さあ、
いよいよ本番色の塗装ですよー!
こうやって持ち手を作ると塗りやすい。マスターの知恵です。

IMG_0839

さあ、開始です!!!

IMG_1479

IMG_1479

IMG_1483

角度を変えながらゆっくりムラなくを目指して塗っていきます。

IMG_1486

IMG_1487

IMG_1489

IMG_1491

IMG_1492

さあ、できたかな….?
缶スプレーがくっついているのでかなり変な感じですが….。

IMG_1506

IMG_1507

うん、キレイです。

こちらも先ほどと同様、
透け感をなくすため、シルバーを塗装していきます。

IMG_0840

IMG_1515

IMG_1518

IMG_1519

さあどうでしょうか……..。

IMG_1532

綺麗な色ですね!!!!
写真で見るより実物の方がもっともっと綺麗ですよ。

缶スプレーでもこんなにムラなく綺麗な発色で濡れるとは驚きです。

IMG_1533

裏はこんなふうになっています。
厚塗りになりすぎてもRCカーのスピードに影響してきそうなので、
ざっとシルバーを吹き付けています。

IMG_1534

IMG_1536

こちらもマスキングを剥がしていきましょう。

IMG_1538

フロントガラス、綺麗です。

IMG_1540

IMG_1541

特に問題なくマスキング出来ていました!
ライトの周辺は後からシールを貼ってしまうので、
そんなに神経質になりすぎなくて大丈夫です。

最後に表面の保護用の皮膜を剥がしていきます!

IMG_1552

IMG_1554

この作業が意外と楽しいですね….。

IMG_0841

さて、
ピカピカのボディーの誕生です!

IMG_1566

IMG_1568

新車ですね、新車!
ここからどうやって仕上げていくか、楽しみです!

 

6.次回予告

 

 

IMG_0843

長谷川マスターと記念撮影。
長谷川マスターはウエスタンファッションが最も似合うプロモデラーです。
私もウエスタンハットを借りました。

IMG_0844

さて、
次回はトヨタ86、
ボディにシールを貼ったり、デザインしたりで、
オリジナリティを出す仕上げに取り掛かります!

IMG_1577

缶スプレーだけでここまでかっこいい仕上げが可能なんだ!
というのをお見せしたいので、
はりきって製作してゆきたいと思います!!

 

タミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店には、
気兼ねなくエアブラシを使える塗装室や、
使い勝手のいいアトリエゾーンが完備されています。

専門的な工具セットのレンタルもありますし、ワークデスクで誰にも邪魔されず、
ショップゾーンで好みのキットを選んですぐに制作に取りかかれます。

さらに長谷川伸二マスターが、
さまざまな講座を開催されていますので…→各種講座

今回の記事を読み、
缶スプレーで思いっきり塗装することにご興味をお持ちの方は、
ぜひタミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店に足をはこんでみてはいかがでしょうか?

それではまた次回まで、乞うご期待です!

 

 

ライター : 石井七歩

nahoishii

1991年 東京生まれ。現代美術家。
オフィシャルウェブサイト→ nahoishii.com
フェイスブック→ Facebook
ツイッター→ Twitter